ナハマのサイクリング メモ

メモ程度の薄っぺらい内容

初めての体験が2つ

2017年12月6日のメモ(2)



サイクリング前半のメモは、上のリンクからお願いします。

さあ、サイクリング後半の辛いつらい部分を書きます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


道の駅までは、緩い上り坂を23kmも進む。

これがジワジワと脚(体力)を削っていく。

フロントギヤをアウターにして進んでいたから、インナーに落とそう。

そう思って、シフトレバーを操作しても、インナーに切り替わらない!?

よく見ると最初からインナーにしていた (›´ω`‹ )

この時点でかなりの疲労が溜まっていて、すでに意識が朦朧としていたのかも。


ひたすらペダルを踏んでも目的地は見えてこない、無限地獄にいるような気持ちになる。

視界が開けて、道の駅が近づいてきたんだ、という期待が盛り上がったとき、あと2kmという標識を見つけて「まだかよ!」と声に出してしまった。

この光景を目の当たりにして、身体中から力が抜けてしまったので、休憩して心を落ち着かせることにした。



まだ・・・着かない・・・の?

両脚は筋肉疲労で力強く回すことが出来ない。

この2kmが、すごく長く感じたけど、ようやく道の駅に到着する。

エネルギーが枯渇しかけているんだ、と思って、蒸しパンを買って貪る。

もっと休憩したいけど、体が冷えてきたので出発する。

まだ上尾峠の最高地点まで6kmもある。

2kmが長く感じると思ったが、単純に3倍の疲労を積もらせながら、ひたすら辛抱の走りをする。

ようやく峠の最高地点に到着したが、このときの気温は3度。

どおりで上り坂を進んで運動しているのに、体が暖まるどころか寒くなるわけだ。


ウインドブレーカーを着て、ダウンヒルが始まるけれど、油断は禁物。

疲れて注意が散漫になっているかもしれないから、出来るだけ速度を落として、無理しないようにする。


10kmを下りきった先の交差点で信号待ちをしていると、突然、左大腿部の前側が攣った!

すぐに路肩へ避難するが、直立不動で数分間は一歩も動けなかった。

なんとか再出発したが、7km進んだところで、次は右大腿部の前側が攣る。

これは、右脚をなだめすかすように、ゆっくり動かしたり、左脚だけでペダルを踏んだりして騙しながら進む。


自宅まで残り3kmというところで、ようやく「道の駅ひろた」で補給したエネルギーが身体中に行き渡った感じになったが、相変わらず両脚が攣りそうだったので、のろのろと走って、ついに帰宅する。


結果的に辛いサイクリングになってしまい、次は身の丈にあった計画を立てよう。

今回、両脚が攣ったのは初めての体験だ。

獲得標高が2000mを超えたのは、2回目だけど、ここまで辛かったのは、初めてかもしれない。

_:(´ཀ`」 ∠):_





.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。