ナハマのサイクリング メモ

メモ程度の薄っぺらい内容

久しぶりの100km超えサイクリング

2017年10月18日のメモ


結局、17日は雨が降ったり止んだりの繰り返しだったので、ロードバイクには乗らなかった。

雨の中を走る強い動機も無かったが、このモヤモヤな気持ちを吹き飛ばすため、私は未消化の休暇を強制的に取ることに成功した。

つまり2連休 (^_^)v


18日は朝から曇り。

午後(夕方くらい?)はまた雨の予報だったので、急いで準備して午前7時過ぎに出発。

今回は、喜多郡内子町(きたぐんうちこちょう)へ向かおう。

松山から内子町へ行くには、大まかに説明すると、国道56号線と国道379号線の2つの峠越えルートがあり、今回は379号線を通ることにした。

まあ、どちらを通るにしても、私は初めてなんですけどね (^-^;


前回のサイクリングと同じ道を走り、三坂峠と上尾峠(うえびとうげ)への分岐となる交差点に到着。



写真にある標識のとおり、直進すると三坂峠、右折すると上尾峠へと行くことになるので、右折。

緩い坂道を約11kmも上る。

三坂峠へ行くときよりギヤを1段重くして走れたので「緩い」と表現しておくけど、やはり坂道だからツラい。



そして、3連続する上尾トンネルを抜けると、峠の看板を見ることができた。

実際はトンネルの上側に峠の最高点(標高460m)があるみたい。


峠を越えたら、あとは下り坂と平地しかないのですよ。

うん、素晴らしい!!


下りの途中で「道の駅 ひろた」で休憩。




清流を眺めて、さらに下っていくと「道の駅 内子フレッシュパークからり」に到着。



大判焼き(今川焼き)とホットコーヒーを買って一息。

水分をこまめに摂っているので、お腹が張って、がっつり飯は頂けないのは、自転車あるある? それとも私だけ?


さあ、あとは一級河川の肱川(ひじかわ)沿いに下って、長浜から松山へ向けて国道378号線を進むだけ。

ここまで約70kmを走ったが、どうやら3000円レーパンのパッドが怪しくなってきてお尻が痺れてきた。

しかも右膝が痛くて力が入らなくなる。



肱川のゆったりした流れを見つつ、体の不調を騙しながら進む。



海岸沿いの道に出てしばらく進み、100km地点で記念の風景撮影をした。

地味に左膝が痛いので「道の駅 ふたみ」で小休止すると、いくらか回復する。

ゴールまであと10kmちょっと、というところで雨が降ってきたものの、体は火照っているから、まだなんとか凌げる。

午後3時過ぎに、ようやく家に着いた。

腰とお尻が少し痛むけれど、無事に帰ってきたのだ。

100km超えのサイクリングなんて、何年ぶりだろう。

軽い疲労感に見舞われつつ、感傷に浸っていてはいけない。

雨に濡れた相棒のロードバイクを掃除しなくては!



127.3km___5:56



.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。